『Amsterdam』(Ian Mcewan, Anchor Books)

c0077412_1011099.jpg『アムステルダム』(イアン・マキューアン、1998)
物語は、レストラン評論家、写真家、ガーデニングの専門家と華々しく活動していたモリーの死で始まる。手のしびれを診てもらいに医者のところに行ったモリーは、あっという間に痴呆状態になり、そのまま帰らぬ人となった。46歳だった。葬儀に駆けつけた人々の中に、彼女と特に深い関係のあった次の三人の姿もあった。
クライヴ・リンレイ――著名な作曲家。ミレニアム・シンフォニーの作曲を委嘱されている。
ヴァーノン・ハリデイ――雑誌「Judge」の編集長。
ジュリアン・ガーモニ――外務大臣。次の首相候補。
クライヴとヴァーノンはモリーの昔の愛人、ジュリアン・ガーモニは二人より新しい愛人だった。
クライヴの素晴らしい点は自分の家に長く住んでいることだ、とモリーは言っていた。1970年代、他の人たちが賃貸住宅に住んでいた頃、21歳でおじから家を相続したクライヴは、外側をパープルにペイントして友人たちに開放した。ジョン・レノンとオノ・ヨーコも1週間泊まったし、ジミ・ヘンドリクスも一晩泊まった。やがて外側をクリーム色に塗り替え、友人たちの滞在も1,2晩になった。この家にヴァーノンは1年住み、モリーは一夏滞在した。彼らが大人になっていき、趣味を育て、やがて情熱を失い、富を得ていく過程が詰まっている家だった。
作曲が思うようには進まず、しかも左手にしびれが来ていたクライヴは、ある日家にやって来たヴァーノンに「自分もモリーのように明らかに異常になったら、命を絶つのを手伝って欲しい」という。痴呆状態になってから死に至るまでのモリーの最期は悲惨なものだった。自分はあんな風な死に方はしたくない。だからいざというときは飛行機に乗せて、安楽死を認めているアムステルダムへ連れて行ってくれ、とクライヴは「親友」のヴァーノンに頼んだのだ。少し前から右の頭部に違和感があったヴァーノンは、自分にも同じことをしてくれるなら、という条件をつけてクライヴの頼みを承知する。さて――。

登場人物の経歴、言動、心理が事細かく記述されているので、一人一人の人物がくっきりと浮かび上がる。また、各人のつながり方も、事態の成り行きもごく自然に無理なく設定されている。首相候補の女装趣味をスキャンダルとして取り上げることの是非、人間の尊厳死の問題なども重くなりすぎないように扱われている。最初に一人、最期に二人の死人が出る小説でありながら、後味は悪くない。

☆この作家の作品で「いやな気分」を味わったことが何度かあったため用心しながら読んだせいか、以外にすっきりと楽しく読めてしまいました。なお、この作品は1998年のブッカー賞を受賞しています。(2016.7.16読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-09-26 10:11 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/26012331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『アリラン峠の旅人たち』(編訳... 『夏の沈黙』(ルネ・ナイト、訳... >>