「ほっ」と。キャンペーン

『나의 문화유산답사기-일본편4 교토의 명소』(유홍준, 창비)

c0077412_1611222.jpg『私の文化遺産踏査記-日本編4 京都の名所』(兪弘濬、創作と批評社、2014)
著者は美術史を専攻する学者として、これまで韓国の文化遺産をはじめとして北朝鮮の文化遺産、日本の文化遺産についての踏査記10巻を発表している。内訳は韓国編5巻、北朝鮮編2巻、日本編3巻である。日本編3巻では九州、飛鳥にそれぞれ1巻を当てているのに対して京都には「京都の歴史」と「京都の名所」の2巻を当てている。以上の巻数を見ても著者の京都への思い入れのほどがわかる。

本書は5部構成になっており、第1部~第4部に取り上げられている「京都の名所」は以下の通り。
第1部「鎌倉時代の名刹」――知恩院、建仁寺、大覚寺、天龍寺
第2部「室町時代の禅寺」――相国寺、金閣寺、龍安寺、銀閣寺、哲学の道と南禅寺
第3部「戦国時代の茶道の本家」――裏千家と大徳寺
第4部「江戸時代の別宮」――桂離宮、修学院離宮

いずれの名所に関しても入念な下調べと実地の踏査に基づいた実に詳細な解説が繰り広げられているので、資料集として大いに役立つ。また、所々にごく普通の観光客レベルの言動記録も織り込んであり、読者を飽きさせない。ただし、長蛇の列にうんざりして「割り込み」をやってのけるという、著者の「お茶目な」一面の表れかもしれないが日本人としては(あるいは東京人としては)ちょっと理解しがたいエピソードなどもある。

第5部は京都の街歩きの記録「京都漫歩」と、京都で見つかる韓国に関わる事物の記録「京都の中の韓国」からなる。ここで特に印象に残るのは最後に掲げられている尹東柱と鄭芝溶に関する部分だ。日本ではほとんど忘れ去られてしまった二人の韓国詩人の冥福をあらためて祈らずにはいられない。同志社大今出川キャンパスにある二人の詩碑については、後日、別の記事にして紹介したい。(2016.6.5読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-08-01 16:11 | 読書ノート | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/25862475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリーゴールド at 2016-08-10 18:16 x
韓国人の書いた歴史文化踏査記は日本が絡んでくると、主観的な様相を呈してくるような気がして、手に取るのも憂鬱になってきます。
Commented by nishinayuu at 2016-08-11 10:40
おっしゃることはよくわかります。ただ、この巻の場合は、著者が日本文化を理解しようと努め、日本文化に敬意を払っていることが伝わってきて、時たま著者が韓国人であることを忘れるほどでした。。
Commented by マリーゴールド at 2016-08-11 12:20 x
そうですか。それなら読んでみたくなりますね。
<< 「多摩動物園」その5 『フランス紀行』(ブノワ・デュ... >>