「ほっ」と。キャンペーン

『倫敦から来た男』(ジョルジュ・シムノン、訳=長島良三、河出書房新社)


c0077412_10242498.png『L’Homme de Londres』(Georges Simenon)
二人の殺人犯が登場する。一人は札束の詰まったトランクを携えてロンドンから船でやってきて、迎えに来た相棒を殺してしまったブラウン。もう一人は偶然その殺人現場を目撃し、諍いのもととなったトランクを手に入れて隠匿したことから殺人に至ることになるマロワン。元軽業師のブラウンはロンドンに妻と子どもたちがおり、港湾駅の転轍手であるマロワンには妻と成人した娘、小学生の息子がいる。最初に目を合わせた時点で、ふたりとも相手が自分のしたことを知っていることを悟る。けれどもブラウンはトランクの行方をマロワンに問いただすわけにもいかずに身を隠している。マロワンはブラウンに襲われるかと恐れながらも、一方では大金を手に入れた興奮から家族の前で奇矯な行動をとってしまう。やがてロンドンから盗難の被害者と捜査官がやってきて、港にも街にも警戒網が敷かれるなかで、自分の物置小屋にブラウンが身を潜めていることを知ったマロワンは、フランを所持していないため何時間も飲まず食わずでいるブラウンのために食料と飲み物を用意して出向いていく。

この作品を江戸川乱歩が次のように絶賛している、と訳者のあとがきにある。
「犯罪者の恐怖心理と、その狂おしい言動を描いては、古今東西ドストエフスキイに及ぶものはないと信じているが、シムノンはそのドストエフスキイの心理的手法を、巧みに我がものとしているように思われる」

舞台となっているのはノルマンディー地方のイギリス海峡に臨む港町ディエップ。港にはイギリス船が停泊する埠頭があり、港とパリを結ぶ鉄道の港湾駅がある。また港近くの街にはマロワンの娘が女中として働く肉屋や、マロワンの行きつけの酒場、旅行客用のホテルがある。いいかえればそれしかないと言ってもいい、薄暗くて寒々としたわびしい場所である。次第に追い詰められていく殺人者たちの不安と恐怖をいっそう煽るかのような、効果的な舞台装置である。(2015.10.17読了)
[PR]
by nishinayuu | 2016-01-30 10:24 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/25241433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「時の娘」(ジョセフィン・テイ... 『盆栽/木々の生活』(アレハン... >>