『Titus Andronicus』(Shakespeare, Greenwich House)

c0077412_1557674.jpg『タイタス・アンドロニカス』(シェイクスピア)
1594年の上演記録が残るこの戯曲は、残虐なシーンのオンパレードでシェイクスピアの他の作品を圧倒している。さらに学者並みの古典の知識がちりばめられていることや、文体が他の作品とは異なることなどもあって、古くからシェイクスピアの作品ではないのでは?という疑問がつきまとっている作品でもある。
これについての議論は専門家たちにお任せすることにして、主な登場人物とその行動を記録しておく。

* サターナイナス=ローマ市民に人望のあるタイタスから譲られる形で皇帝におさまる。弟の恋人を妃にしようとして逃げられると、タイタスが捕らえてきたゴート族の女王タモーラを妃にする。
* バシエーナス=サターナイナスの弟。恋人ラヴィニアとともに宮廷を去るが、タモーラの息子たちによって惨殺される。
* タイタス・アンドロニカス=ゴート族との戦いに勝利を収め、女王タモーラと息子たちを捕虜にして凱旋する。ところがタモーラの息子たちによって娘は陵辱され、自分も陥穽にはまって片腕を失い、息子たちも惨殺されたため、復讐の鬼と化す。
* ルーシアス=タイタスの4人の息子のうち唯一死を免れた息子。タイタスによってゴート族のもとに送り込まれ、彼らとともにローマに攻め入る。
* クインタスとマーシャス=タイタスの息子たち。バシエーナス殺しの罪を着せられて惨殺される。(この場面、残虐な殺され方をする二人が哀れで胸が痛くなる。)
* アラーバス=タモーラの長男。タイタスによって生け贄として殺される。(タイタスは戦死した息子のために仕返しをするわけ。)
ディミートリアスとカイロン=タモーラのケダモノのような息子たち。ラヴィニアを犯し、バシエーナスを殺して穴に投げ込む。けれども最後はタイタスによって切り刻まれ、タモーラの食卓に供される。(タイタスもタモーラ一派に負けず劣らず残虐なのだ。)
* エアロン=タモーラの情夫のムーア人。タモーラに協力して暴虐を尽くす。
* 黒い子ども=タモーラとエアロンの子ども。エアロンとの関係が知られるのを怖れたタモーラによって殺されそうになるが、父性愛に目覚めたエアロンによってゴート族のもとに送られる。
* タモーラ=ゴート族の女王。アンドロニカス一族への復讐に燃える。ローマ皇帝の妃になったため、ゴート族からは裏切り者と見なされる。
* ラヴィニア=タイタスの娘。タモーラの息子たちに犯されたうえ、口封じのために両腕と舌を切り取られる。

最後はタイタスがまず恥辱にまみれたラヴィニアを殺したあとタモーラの息子たちを殺し、タモーラも刺し殺す。するとサターナイナスがタイタスを殺し、それを見たルーシアスがサターナイナスを殺し、エアロンを餓死の刑に処す。始めから終わりまで、これでもか、という惨劇が続く、なんとも凄まじい内容だが、こんな残酷劇を受け入れて楽しむ雰囲気が当時のロンドンにはあったということだろう。(2015.5.17読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-09-12 15:44 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/24673269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 映画鑑賞ノート21 (2015... 『マクベス』(シェイクスピア、... >>