「ほっ」と。キャンペーン

『猫は幽霊と話す』(リリアン・ブラウン、訳=羽田詩津子、早川書房)

c0077412_94962.jpg
『The Cat Who Talked to Ghosts』(Lilian Braun, 1990)
クィラランとシャム猫ココという探偵コンビが活躍するシリーズの10作目。舞台はアメリカのムース郡で、「どの土地からも400マイル北にある、ひなびた閉鎖的な土地」という設定である。長年ここの「南」で新聞記者として活躍してきたクィラランは、クリンゲンショーエン家の遺産相続人となったのをきっかけにここの郡庁所在地ピカックス市に移り住んだ。長身で恰幅のよい50歳の美丈夫(これって死語?)であるクィラランは、立派な口ひげがトレードマーク。なにか事件が起こりそうな気配があると、ココのひげとクィラランのひげが連動して反応する。ココの相棒の雌猫ヤムヤムも、ときどき素晴らしい予知能力を見せることがある。
クィラランがパジャマに着替えてくつろぎ、目下の恋人であるポリー・ダンカンからプレゼントされた『オテロ』のカセット(の時代なのです)を聞いていたとき、「突然、ヤムヤムが身体をこわばらせ、両の足先を重ね合わせた。と同時に、ココの目がぱっと開き、耳が電話の方向に向けられた。10秒後……ベルが鳴った。」
電話をかけてきたのは地元のグッドウインター農場博物館で住み込みの館長を務めているアイリス・コブで、ふだんは底抜けに陽気な彼女が、家の中で奇妙な物音がする、と涙声で訴えるのだった。クィラランの口ひげがぴくりと逆立つ。彼女を落ち着かせようとクィラランが静かに語りかけている最中にまた彼女が震え声で「ああ、神様!あの音がまた始まったわ!窓の外に何かが!」と言ったかと思うと、鳥肌が立つような絶叫を残して電話が途切れる。クィラランがパジャマのまま車に飛び乗り、30分の距離を20分で飛ばして博物館に駆けつけたとき、彼女は台所の床でこと切れていた。
これが事件の始まりで、このあとクィラランはこの土地の呪われた一族グッドウインター家とじっくりつきあっていくことになる。そして『オテロ』は、盛り上がりかけると必ず邪魔が入り、いつまでたっても最後まで聞き通すことはできないのだった。(2015.4.4読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-07-30 09:04 | 読書ノート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/24467903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリーゴールド at 2015-07-30 10:48 x
猫好きにはたまらないシリーズですね。
Commented by nishinayuu at 2015-07-31 09:31
実は私は猫嫌いなのですが、このシリーズはアメリカの田舎町の雰囲気が味わえるのでちょっと気に入っています。
<< 『猫は山をも動かす』(リリアン... 『猫は床下にもぐる』(リリアン... >>