「ほっ」と。キャンペーン

『目に見えないコレクション』(シュテファン・ツヴァイク、訳:辻瑆、河出書房新社)


c0077412_1544861.jpg
『Die Unsichtbane Sammlung』(Stefan Zweig)
この作品には「ドイツ、インフレーション時代の一挿話」という副題が付いている。物語は「ドレースデンから二つ目の駅で列車に乗り込んできた年輩の紳士」から聞いた話、という形になっている。さて、その話とは
――
私は37年の間古美術商を営んできた。祖父の代から続く老舗だが、お金の価値が煙のように消え失せるようになってからというもの、にわか成金どもに買いあさられて、店にはがらくたしか残らない状態になっている。それで、店の古い帳簿を調べて、昔のお得意たちを探し出そうと思いついた。2、3の複本でも取り戻すことができたら、と考えたのだが、あまり得るところはなかった。お得意の大部分はその持ちものをとっくに競売に出さなければならなかったか、あるいは死んでしまっていたからだ。そんな中で、私は大きな手紙の束を発見した。それは店の一番古いお客からのもので、過去60年の間、祖父からも父からもたくさん買い入れていた。本の見返しをはがした紙に注文と金額をきちんとした書体で認め、徳用封筒ばかり使っていることから、差出人は昔かたぎでみみっちい田舎もののようだった。手紙にはいつも元森林兼経済顧問官、退役陸軍中尉、第一級鉄十字章所有者などという肩書きが付いているところから、1870年の戦争に従軍した老兵で、もう80にはなっているはずだった。しかしこの珍妙で滑稽な倹約家は、古い版画の収集家としては、並々ならぬ賢明さと優れた知識と、繊細この上ない趣味を示していた。この田舎者がうちの店から半世紀の間に、わずかの金額でぽつぽつと買い集めたものは、今日恐るべき値打ちになっている。おそらく他の店や競売でも値打ちのあるものを買っているだろう。そういう多数のコレクションが市場に出回れば、古美術商の自分が気づかないはずはないから、彼のコレクションはまだその手許にあるか、あるいは相続人のところに残っているに違いない。そこで私は昨日の晩、ザクセンにある田舎町に、この男を訪ねていったのだった。
たずねあてたけちくさい田舎屋の三階で、白髪のひどく年取った女に名刺を渡して取り次いでもらうと、中からがんがん響く男の声が聞こえてきた。「ああ、Rさんか……ベルリンの。大きな古美術商の……さあ、おとおししなさい……これはうれしいことだ!」こうして私は彼の膨大なコレクションを見せてもらうことになった。それは素晴らしいコレクションだった。男は盲目になっていたが、コレクションの一つ一つを克明に見ていた。彼の妻と娘、そして私の目には見えないコレクションを。
(2015.3.1読了)
☆この作品は『サマセット・モーム編 世界文学100選』(1961)を再編集した『世界100物語5 意外な結末』(1997)で読みました。意外で、胸の締め付けられる結末でした。
[PR]
by nishinayuu | 2015-05-31 15:06 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/24189580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリーゴールド at 2015-06-06 15:20 x
第一次世界大戦後の経済的に苦しい時代に、売ってしまったコレクションを、老人のためにまだ存在するふりをする家族とそれに協力する古美術商。子供の時に読んだときは何の感慨もわかなかった。でも今読んでみると第二次世界大戦後だったら、すべて焼けてなくなっていただろうから、第一次世界大戦後のほうがわずかに牧歌的ではなかろうかと本筋とは関係のないことを思った。
<< 『フレッド叔父』(ウッドハウス... 『アビー夫妻の苦労』(E.M.... >>