『世界100物語5』(河出書房新社)


c0077412_8565038.jpg
サマセット・モーム編『世界100物語』全8巻の第5巻。「意外な結末」というテーマで13の短編が収録されているが、別に意外でもない作品も入っている。個別にupする予定の数編を除いた作品を以下に記しておく。(2015.3.3読了)

『ロゴーム老人とその娘テレサ』(ドライサー、訳:野島孝、河出書房新社)
『Old Rogaum and his Theresa』(Theodore Dreiser,1918)
短編集『自由、その他』に収録された1編。ニューヨークのブリーカー通りで肉屋を営むユダヤ人一家に起こった一大事の顛末。

『お守り』(ヴァッサーマン、訳:伊藤利男)
『Das Amulett』(Jakob Wassermann)
ウイーンを舞台に、与えられた運命に逆らわず、疑うこともせずに生きたクリスチーネの物語。

『騎兵隊物語』(ホーフマンスタール、訳:辻瑆)
『Reitergeschichte』(Hugo von Hofmannsthal、1898)
無防備の美しい大都市ミラノに乗り入れた騎兵隊の物語。

『種子』(シャーウッド・アンダスン、訳:小島信夫)
『Seeds』(Sherwood Anderson、1921)
短編集『卵の勝利』に収録された1編。

『別の女』(シャーウッド・アンダスン、訳:小島信夫)
『The Other Woman』(Sherwood Anderson、1921)
上と同じく『卵の勝利』に収録された1編。どちらもつかみどころがない感じの作品。

『相似』(ジェイムズ・ジョイス、訳:安藤一郎)
『Counterparts』(James Joyce、1914)
デビュー作である短編集『ダブリン市民』の中の1編。
[PR]
by nishinayuu | 2015-05-01 08:57 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/24020910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『ピッポ・スパーノ』(ハインリ... 『怪談』(小泉八雲、偕成社) >>