「ほっ」と。キャンペーン

『怪談』(小泉八雲、偕成社)


c0077412_9102288.png読書会「かんあおい」2015年2月の課題図書。
本書には全部で20の怪談が収められている。昔初めて読んだときはぞっとした話も、その後何度か接して感受性が鈍くなったのか、さらりと読めてしまった。そんな中で印象深いのはやはり「耳なし芳一の話」。この話や「守られた約束」などに現れる「得体の知れた者の死霊」には心惹かれる。各編のタイトル、内容、伝承地を以下に記録しておく。

ムジナ(のっぺらぼうの話。赤坂町の紀の国坂)
幽霊滝の伝説(背負った赤子の首がもぎ取られた話。鳥取西部の各地)
雪女(木こりの茂作と己之吉が雪女に出合った話。武蔵の国)
茶碗の中(式部平内の顔が映った茶を飲んだ関内という若党のその後。本郷白山)
安芸之介の夢(常世の国が実は蟻の巣だったという話。大和の国十市の里)
和解(雨月物語の「浅茅が宿」に類似。京都)
常識(徳の高い坊さんが狸に化かされた話。京都愛宕山)
ほうむられた秘密(隠した恋文が気になって亡霊となった娘の話。丹波の国)
鏡のおとめ(百済から来た鏡の精の話。南伊勢の国)
食人鬼(夢想国師による施餓鬼の話。美濃の国)
梅津忠兵衛(城の夜勤番が氏神の頼みを聞いてあげて強力を得た話。出羽の国横手)
おかめの話(長者の娘おかめが施餓鬼によって成仏する話。土佐の国名越)
忠五郎の話(足軽の若者が蟇に血を吸い取られる話。江戸小石川)
守られた約束(囚われの男が切腹して魂となり、約束を果たす話。播磨の国加古の里)
やぶられた約束(約束をやぶって再婚した夫の若い妻を、死んだ妻が殺害する話。)
果心居士(祇園の社で仏の教えを説いていた居士の話。京都の北端)
青柳ものがたり(畠山義統の家来が柳の精を妻にした話。能登の国)
ろくろ首(元菊池家の家臣・回竜とろくろ首の話。九州→甲斐の国→信州諏訪)
耳なし芳一の話(阿弥陀寺の芳一が亡霊たちに平家語りを語った話。下関/赤間が関)
(2015.2.7読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-04-28 09:10 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/24004693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリーゴールド at 2015-04-28 10:20 x
小泉八雲はなつかしいですね。「ムジナ」ののっぺらぼうが、逃げても逃げても追いかけてくるようで、しかもどこにでも出没しそうな感じで怖かったですね。
<< 『世界100物語5』(河出書房新社) 「在原業平の中将、東の方に行き... >>