『モーツァルトはおことわり』(マイケル・モーパーゴ著、訳:さくまゆみこ、岩崎書店)

c0077412_10245562.jpg
『The Mozart Question』(text: Michael Morpurgo, illustration: Michael Foreman)
読書会「かんあおい」2014年11月の課題図書。


物語は新聞社に入社して3週間の若い女性記者が、世界的ヴァイオリニストであるパオロ・レヴィへのインタビューを任されるところからはじまる。パオロ・レヴィは1950年代半ばの生まれで、2週間後の50歳の誕生日の記念にロンドンでコンサートを開くことになっていた。レコードやCD録音はせず、私生活も明かさない孤独で寡黙な人物で、生まれ故郷のヴェニスで一人住まいをしており、プライベートな話題はだめ、特に「モーツァルトに関する質問はだめ」ということだった。こうした情報をかき集めて記者はヴェニスのドルソドゥーロにあるマンションへ、夜の6時にレヴィ氏を訪ねる。「そもそもの始まりを教えていただけませんか?初めてヴァイオリンを弾くことになったきっかけは何だったのでしょうか?」という記者の質問に、レヴィはゆっくり窓辺に歩いて行き、そばに置いてあったヴァイオリンを手にすると、ソファに腰を下ろして語り始めた。「秘密は嘘と同じだという人もいる。とうとうその嘘を止めるときが来たようだな」と。
こうして今度はパオロ・レヴィが語り手となり、ヴァイオリンの師となったバンジャマンとの出会い、バンジャマンとレヴィの両親がいっしょに生き、いっしょに命を落としかけ、音楽に救われた物語が展開していく。過酷な体験をともにした三人であるが、その後の音楽との向き合い方はそれぞれ違っていた。バンジャマンは一流のオーケストラで活動した後、街頭音楽家になり、父は音楽とは縁を切って床屋になり、母は大事にしまっておいたヴァイオリンをレヴィに与えた。やがてレヴィがバンジャマンといっしょに路上で演奏するようになったとき、父は「おまえのおかげでまた音楽を聞くことができるようになった。おまえは将来きっと人々から愛される偉大なヴァイオリニストになるだろう。ただし、一つだけ約束して欲しい。私が生きている間は、人前や私に聞こえるところで、絶対にモーツァルトは演奏しないで欲しい」と言ったのだった。
父はなぜモーツァルトを頑なに拒否したのだろうか。そのわけが優しい色使いの絵と静かな語りで明かされていく。(2014.11.6読了)
[PR]
by nishinayuu | 2015-02-15 10:28 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/23500852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリーゴールド at 2015-02-24 19:26 x
音楽が重要なテーマのひとつになっていると、小説の色彩が豊かになる感じがしますね。
<< 『The Blue Bird』... 『猫はソファをかじる』(リリア... >>