「ほっ」と。キャンペーン

『列のなかの男』(ジョセフィン・テイ著、中島なすか訳、論創社)

c0077412_21391926.jpg『A Man in the Queue』(Josephine Tey)
「論創海外ミステリー」シリーズの1冊で、副題は「グラント警部最初の事件」。
3月のある晩、ロンドンのとある劇場の外には、立ち見席を求める人々の長い行列ができていた。評判のミュージカルの最終公演に詰めかけた人々だった。主演女優の、輝くばかりに愛らしいレイ・マーカブルが、この晩を最後にアメリカに渡ることになっていた。もう一度彼女を見るためなら長い行列に並ぶくらい、当然のことではないか?やっとドアが開いて人々はチケット売り場に向かってなだれ込む。押し合いへし合いの混乱のなかで、財布を出すのに手間取っている女性が後ろの男性に語気荒く言った。「旦那さん、押すのをよしてくれるとありがたいんですけどね。」しかし言われた方の男はそのままゆっくりと膝からくずおれた。男のグレーのツイードのコートには銀色のナイフが突き立てられていた。
スコットランド・ヤードの警部グラントは、男の近くにいた7人の男女から聞き込みを始める。すると、列から立ち去った男がいたこと、その男と死んだ男はなにか言い争いをしていたことがわかる。この男のあとを追ってグラントはスコットランドのハイランドまで足を伸ばすことになる。

主な登場人物はグラント、レイ・マーカブルの他にソレル(死んだ男)、ラモント(ソレルの友人)、エヴェレット夫人(ソレルとラモントの下宿の女将)、ラロクリフ夫妻、ウォリス夫人(列のなかにいたひとり)、ダンディー・ディンモント(エヴェレット夫人の姪)、ドリスデール(グラスゴーの株式仲買人)。
愉快なのはスコットランドへの「おちょくり」が全編にさりげなくちりばめられていること。たとえば、「釣をするにはハイランド地方が一番だけれど、地元の住民が退屈だ」とか、「仲間内でつまらないいさかいがあっても、よそ者がそれに口を挟もうものなら、タータンチェックは一致団結して対抗するのさ」とか、「グラントの下宿のおかみは、スコットランドに4日いただけでグラントの輝きが失せたのは、スコットランドの食べ物、やり方、気候、風土のせいだと決めつけた」とか。著者がスコットランドはインヴァネスの生まれだとわかると気持ちよく笑える。
びっくり仰天したのは、終わり近くになっていきなり「語り手」が現れることだ。物語はずっと三人称で展開してきたので、一瞬混乱させられる。(2014.8.18読了)
[PR]
by nishinayuu | 2014-11-27 21:38 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/23130110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリーゴールド at 2014-11-27 23:38 x
スコットランドは最近話題になりますね。どんなお国柄か興味がかきたてられます。
<< 『The Amateur Ma... 『夢のボート』(リチャード・プ... >>