「ほっ」と。キャンペーン

『私の文化遺産踏査記 日本編1九州』(兪弘濬、2013)

c0077412_17283592.jpg
『나의 문화유산 답사기 일본편1규슈』(유홍준)

本書は踏査記シリーズの8冊目で、ついに「日本の文化遺産踏査記」の登場である。手始めとしてまず「九州」地方を取り上げた本書は、次の9章で構成されている。
1.吉野ヶ里  2.肥前名護屋城と玄海灘  3.唐津  4.有田  5.有田・伊万里  6.武雄・太宰府  7.鹿児島  8.美山村の薩摩焼  9.宮崎南郷村

著者はずいぶん前から日本の踏査を重ねてきたらしく、全編に思い入れや意気込みを感じさせる文言があふれている。たとえば「前書き」には次のような文言がある。

ついに本を刊行することになってみると、国内編とは違って心配と畏れが湧いてくる。最近の日韓関係と国民感情を考えれば私は両国の国民に歓迎されない話をたくさん書いた、とよくわかっている。特に日韓の国粋主義者たちからはいっぱい矢を浴びせられるかもしれない。それでも私がこの本を出すのは、今こそあるがままの事実を満天下にさらけ出して、日韓両国がそれを共有すべき時が来たと思うからだ。双方から飛んでくる毒矢を誰かが掌で打ち払って堂々と立ち向かわなければ、日韓古代史の紐帯を復元することはできないのだ。

「日韓古代史の紐帯」に関して著者は、韓国と日本が完全に別なものとして背を向け合うようになったのは668年に高句麗が滅亡し、新羅が三国を統一してからのことで、それまでは高句麗・百済・新羅・伽耶・倭の5国が複雑に絡み合った5国時代が300年以上続いていた、と指摘する。この時代、高句麗と百済は互いに王を殺し合って闘った不倶戴天の敵同士だったが、百済と倭はただの一度も闘ったことがなかったこと、百済は倭に文明を伝え、その代わりに随時軍事的支援を受けた盟邦だったと述べながら著者は、九州の太宰府に百済様式で造られた水城と大野城が残っているのを見たときの驚きを素直に表明している。

本書には上記のような学者としての論述だけでなく、一人の旅人としての記述も多く、日本の旅を純粋に楽しんでいる様子が伝わってきて好感が持てる。表紙がこれまでのモノクロ調から初めて鮮やかな朱色になっているのも、新鮮かつ豪華な感じでなかなかいい。
なお、この本に関連して著者が行った講演の動画がこちらで見られる。

(2014.4.23読了)
[PR]
by nishinayuu | 2014-07-30 17:29 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/22417413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリーゴールド at 2014-08-01 10:14 x
おもしろそうな本ですね。韓国の中央博物館に行ったときも感じたんですが、朝鮮半島にあった漢の4郡(楽浪郡など)についての記述がないですね。1世紀の漢書の中には倭人がたくさん楽浪郡にきていたという記述があります。2世紀に卑弥呼も直接魏の都に使いを送っています。百済から文明を学んだのではなく、直接中国の出先機関から文明を学んでいたのではありませんか。
<< 『死の舞踏』(ヘレン・マクロイ... 公任の大納言、白川の家に和歌を... >>