「ほっ」と。キャンペーン

『リトルターン』(ブルック・ニューマン著、五木寛之訳、集英社)


c0077412_11585630.jpg

『Little Tern』(Brooke Newman)



リトルターンとはコアジサシのこと。本書は、なぜか急に飛べなくなった一羽のコアジサシが、その難局をどう切り抜けたかを一人称で語る物語である。彼は降り立った海辺の砂丘の縁で、星たちと言葉を交わし、砂に咲く一輪の紫色の花を見守り、水際の小さなゴースト・クラブ(ゆうれいガニ)と友達になったりするのだが、砂の上に不時着したこと、砂に咲く一輪の花に出逢うこと、小さな生き物と親しくなることなど、『星の王子様』と共通するものがある。言葉や文章が平易なのでさらりと読むこともできるし、内容を深く味わって読むこともできる、という点も『星の王子様』と同じだ。

本書にはリサ・ダークス(Lisa Mann Dirkes)による美しい水彩画がたくさん入っていて、これらの絵が文章と同じくらいの比重を占めている。(絵の存在意義は別として、デッサンに限っては『星の王子様』よりこちらの方が数段上ですね。)絵を見ているだけでも心が安らぐ本である。(2014.4.16読了)
[PR]
by nishinayuu | 2014-07-18 11:59 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/22375663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『閘門の足跡』(ロナルド・A・... 『누가 해변에서 함부로 불꽃... >>