「ほっ」と。キャンペーン

『剣ケ崎』(立原正秋著、筑摩現代文学大系81)

c0077412_2031387.jpg1965年の作。作者が初めて自らの「韓国人の血の縁」を正面に見据えて立ち向かった作品である。
舞台は三浦半島南端の劍ケ﨑、時代は終戦末期で、クライマックスは盛夏の三日間に設定されている。登場するのは母方の祖父・康正、韓国軍人の父親、太郎と次郎の兄弟、従妹の志津子、右翼の従兄・憲吉、叔父の李慶明。従兄弟同士の太郎と志津子の恋愛は、太郎が憲吉に殺され、静子が太郎の跡を追って投身自殺をすることで終わる。
作者は死の間際の太郎に「次郎、おぼえておけ。あいの子が信じられるのは、美だけだ。混血は、一つの罪だよ。誰も彼をそこから救い出せない、罪だよ」と語らせ、次郎に「私は、人からきかれれば、何分の一かは朝鮮の血が入っていると答えます。そうすると、相手の態度が目に見えない速度で変わって行き、よそよそしくなっていくのです」と述懐させている。作者がいかに世の偏見に苦しみ、それに耐えてきたかを思い知らされる。

この作品も『薪能』と同じく芥川賞候補(1965年度上半期)になり、審査員の間でメロドラマ風だが力作である、という意見と力作だがメロドラマ風であるという意見が対立して、長時間討議された末に落選したという(『立原正秋追悼』創林社)。因みにこのときの受賞作は津村節子の『玩具』だった。
(2014.3.23読了)
[PR]
by nishinayuu | 2014-06-24 20:27 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/22280918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『The Little Pri... 『薪能』(立原正秋著、筑摩現代... >>