『ソウルの練習問題』(関川夏夫著、情報センター、1984)

c0077412_9221141.jpg「誠実な旅行案内を書こうと意図した。(…)過度の謙虚さにも、尊大さにも、深刻と冷笑のない交ぜにも陥ることなく、一つの誠実な異文化接触のルポルタージュを書きたかったというのが著者の真意だ」とあとがきにある。30年も前に出版された本だが、最近たまたま手に入ったので、今さら、とは思ったが読んでみた。
ソウルの状況は、私が初めて韓国を訪れた1993年と二回目の1994年当時も、ここに書かれているものとあまり違っていなかったような気がする。まだまだ、日本人と韓国人の間には言葉の壁と気持ちの壁があった。それでも私の場合はいやな思いをしたことはない。おそらくそれは私の関心が韓国の風景や文化遺産の方にあって、この著者ほど深く人々と触れ合うことをしていないからではないかと思う。そういう意味で、真摯に韓国、韓国人と向き合い、相互の理解を深めることに心を砕いているこの本の著者の姿勢とバイタリティーに圧倒される。私は2002年と2003年にも友人たちとソウルや慶尚北道を訪れているが、いずれの場合も人々の表情や言動に前には見られなかったゆとりがあり、日本人に対する当たりも前よりさらに柔らかくなっているように感じた。その後は韓国を訪れる機会がなく、昨今の現地の空気は想像するしかない。この著者が『続ソウルの練習問題』を出してくれることを期待したい。

この本の中で最も共感したのが第4部にある「ハングルの贈りもの」の次の部分。要約して引用すると――
朝鮮語は漢字を追放したために膠着語には本来不向きな「分かち書き」を取り入れざるを得なくなったが、この「分かち書き」がまるで不統一なため、ベンケイナギナタ式の誤りをおかしやすい。また、漢字語は同音異義語が多く、ハングルだけではつかみにくいため、難しい漢字が次第に捨てられて行きつつある。さらに同意語、反意語、類語などは漢字の字面を眺めないと発想しにくい。ハングルだけを使っていると造語能力の衰退に繋がり、言語の進化を阻む可能性がある。

韓国語の本を読んでいていちばん困るのが、意味が二通りにとれそうな漢字語がハングルで表記されていることだ。韓国人に尋ねても解決できない場合もある。漢字で表記してくれれば著者の意図も正しく伝わるだろうに、と思うのだが、「韓国人にとって漢字とは日本文化を思い出させるものなので、日本の影響力の排除のためには頑として漢字を退け、世界で最も合理的な文字であるハングルだけを使うのだ」ということらしい。たまに、ハングル表記された漢字語のうしろに括弧に入れて漢字が表記されていることがある。漢字でルビを振っているわけだ。この方式が普及すれば韓国人も漢字に慣れて、そのうちふつうに使い出すかもしれない(!?)(2014.2.26読了)
[PR]
by nishinayuu | 2014-05-23 09:23 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/22151553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリーゴールド at 2014-05-25 15:13 x
韓国人の大学生に高校時代の勉強で一番難しかったものは何かと尋ねたことがあります。韓国語だと言った人がいました。意味が把握しづらいということでした。漢字由来の同音異義語が多いからですね。どう解決していくのでしょうか。興味深いです。
<< 「ミートソース」 『立原正秋追悼』(白川正芳編、... >>