「ほっ」と。キャンペーン

『眠る杯』(向田邦子著、講談社)


c0077412_14452817.jpg

読書会「かんあおい」2014年2月の課題図書。
東京新聞などに掲載された50編ほどの短編をまとめたもの。印象的だったものを以下に記しておく。



「眠る盃」:「荒城の月」の「巡る盃」を聞き間違った話。(こういう聞き間違いはよくあるもので、私の身近にもイヴ・モンタンをイモブンタンと思っていた人がいました。)
「字のない葉書」:妹が学童疎開したときの話。(涙なしには読めません。)
「ツルチック」:韓国語の들쭉に由来する言葉。(トゥルチュクはクロマメノキのことで、白頭山一帯にある高山植物。ツツジ科でアサマブドウともいうそうです。)
「父の風船」:「英語の単語を因数分解で解け」という宿題の夢を見た話。
「吾輩は猫である」:小5で出会った。(私は中1でした。)
「国語辞典」:なるべく人の読まない本を読む。
「抽出しの中」:ものの整理が下手で、どこに何があるかわからなくなる。夜中に切手が必要になると友人の澤地久枝女史の家にタクシーで行って切手を恵んでもらう。澤地さんの抽出しはいつもきちんと整理されている。
「騎兵の気持ち」:5階の部屋で悲鳴を聞き、下の道をひったくり男が逃げ、女が追いかけるのを見たが、助けに出てもどうせ間に合わない、と結果的に「高みの見物」をすることになってしまった。人間、あまり高いところに住まない方がいい。歩兵の方が人間的で、騎兵は少しばかり薄情なのではないか、とも思った。
「銀行の前に犬が」:日本に赴任したイギリス人外交官夫妻が日本語の授業で「銀行の前に犬が寝ています」というセンテンスを習い覚えた。こんな会話は一生使うことはあるまい、と笑いあったが、何十年か後ロンドンで、外出から帰ったメイドの口からこのセンテンスを聞いた。(まさか!)
(2014.2.5読了)
[PR]
by nishinayuu | 2014-05-11 14:46 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/22106966
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『五つ星ホテルの24時間』(イ... 꽃놀이 이야기 >>