『This Charming Man』(Marian Keyes著、Penguin)


c0077412_2035437.jpg



これは一見チャーミングで実はとんでもない男に惑わされた女たちの物語である。

主な登場人物は以下の通り。
Paddy de Courcy:またの名はQuicksilver(移り気の)de Courcy。アイルランドの2大政党の一つNew Irelandの副リーダー。気に入らないとすぐに殴る暴力男である。
Grace Gildee:有能な雑誌記者。
Lola:セレブを顧客とするスタイリスト。
Marnie:Graceの妹で、二人の娘を持つ母親。アル中。
Dee:New Irelandの女性党員。

はじめはばらばらに登場する上記の女性たちが、最後に一丸となってPaddyの政治生命を絶つ、という復讐劇であるが、そこに至るまでの話の長いこと。家族や友人、職場の仲間や顧客など登場人物がやたらに多く、本筋とは関係のないエピソードもうんざりするほど盛り込まれている。特にMarnieのアルコール浸りの日々のの描写と、Lolaの言動の分単位、秒単位の描写は冗長でいらいらさせられる。それでもアイルランドの政治状況に触れているところや、女装趣味の男たちの涙ぐましい奮闘ぶりなど、興味深いエピソードも盛りだくさんで、おもしろいと言えなくもない。情けない状態だった女性たちがついに立ち上がり、男を追い詰めていくところはちょっと感動的、と言えなくもない。(2014.1.18読了)
[PR]
by nishinayuu | 2014-04-09 20:37 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/21974299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『ペリカンの冒険』(レーナ・ク... 『ネザーランド』(ジョセフ・オ... >>