「ほっ」と。キャンペーン

『マグノリアの眠り』(エヴァ・バロンスキー著、松永美穂訳、岩波書店)


c0077412_9334416.jpg『Magnolienschlaf』(Eva Baronsky, 2011)
本書は1968年生まれの著者による2作目の小説で、戦争の爪痕とその記憶に外国人による介護という現代的テーマを絡ませ、ミステリータッチで描いた作品である。
冒頭に1945年3月5日付の「ドイツ週間ニュース」なるものが掲げられている。ソ連兵の残虐行為の痕跡を伝え、ドイツ国民の戦闘意欲をあおる内容である。続いて今度は、女たちでびっしりの地下室の様子が描かれる。近づいてくる爆撃音の中で、女たちは野卑な長靴や唾や血、男たちの大きな手などの恐ろしいイメージにおびえながら、そのときを待っている。そんななかでヴィルヘルミーネは一つの決断をする。
時代は数十年後に飛び、23歳のロシア人、イェリザヴェータが登場する。介護士として働いている病院から3ヶ月だけ休暇をもらい、老婦人の介護をして稼ぐためにドイツにやって来たのだ。この老婦人というのがヴィルヘルミーネである。「去年の夏までは何でも一人でできていたのに、庭の手入れをしていて梯子から落ちたのがきっかけで歩けなくなってしまった」と老婦人の甥のディーター・ヒューブナー氏がイェリザヴェータに説明する。「ピッヒェルシュタイン・シチューが好きなのよ」とヒューブナー夫人のカーリンが老婦人の食事について説明する。食事の世話をし、一日に3回便器に座らせ、掃除や洗濯をして日曜は休み、という条件だった。ところがディーター夫妻は旅行に出てしまって日曜も戻ってこないし、代わりの介護者を雇う気配もない。しかも初めは「不平不満は口にしない、かわいいおばあちゃん」だった老婦人が、いきなりイェリザヴェータを罵り、出て行け、と言い出す。それはかかってきた電話に出たイェリザヴェータが、相手とロシア語でしゃべった後だった。
悪態をつき、理不尽な嫌がらせをし、飲食を拒否するほど怒り狂う老婦人。驚きあきれながらも辛抱強く介護するイェリザヴェータ。彼女のバーブカ(おばあさん)は精神に異常をきたしていて、「お腹を抉られて赤ちゃんを入れられたマトリョーシカ」の話をして彼女を恐がらせたものだった。彼女の母親はそのバーブカの世話を黙々としていた。3ヶ月我慢すれば、母親にお金を渡すことができるのだ。だからイェリザヴェータは老婦人に「ロシア人」と罵られても動じない。
ある日イェリザヴェータは、フランクフルトの市場でマトリョーシカの絵本に出会う。それがバーブカに聞かされたのとは全然違う楽しい話だったことから、バーブカの話はバーブカ自身のことを語っていたのだと思い至る。バーブカが「おまえの目は青い。恥を知るべきだよ。やつらの一人なのだから」と言っていたことも思い出す。イェリザヴェータは純粋なロシア人ではなく、1/4はドイツ人だったのだ。やがてイェリザヴェータは老婦人の部屋で、若い女性と女の子が写っている写真を発見する。若い女性はどうやら若き日の老婦人のようだ。ではこの女の子は誰なのだろうか?今どこにいるのだろうか?(2013.12.1読了)
[PR]
by nishinayuu | 2014-02-28 09:34 | 読書ノート | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/21746693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリーゴールド at 2014-02-28 13:48 x
 マトリョーシカの暗示がいいですね。次から次へと同じ娘がでてきますね。
<< 耳ラッパ――幻の聖杯物語』(レ... 『真昼の女』(ユリア・フランク... >>