韓国の詩 「懐かしい金剛山」 韓相億

c0077412_21292443.jpg8月10日の記事で触れた「懐かしい金剛山」を7・5調の詩に訳してみました。「懐かしい金剛山」は1962年に6・25の12周年に当たって文化広報部の要請で作られた歌曲です。作曲は崔永燮で、曺秀美(スミ・ジョーとして知られる世界的歌手)やプラシド・ドミンゴらによって歌われています。ドミンゴの歌はこちらで聞くことができます。

그리운 금강산 한상억
누구의 주제런가 맑고 고운 산
그리운 만이천봉
말은 없어도 이제야 자유 만민
옷깃 여미며
그 이름 다시 부를 우리 금강산
수수 만 년 아름다운 산
더럽힌 지 몇 해 오늘에야 찾을 날 왔나
금강산은 부른다

懐かしい金剛山   韓相億
誰が言いしか 清らなる
麗しき山 懐かしき
一万二千の 峰みねよ
ことばにこそは 出さねども
自由万民 今こそは
襟を正して もう一度
その名を呼ばむ 金剛山
数万年を 経てもなお
この山こそは清らなれ
汚されしより 幾とせか
ついに尋め行く 時や来し
金剛山は 呼んでいる


注1:冒頭の部分は直訳すると「誰の主題であろうか」。あるサイトでは「誰の主宰であろうか」としてあるが、主宰は주재なのでどうだろうか。「主宰」や「主題」ではわけがわからないので「言いしか」としておいたが、これもあまりピンと来ない。
注2:下から2行目の頭は떠나간지や못가본지というヴァージョンもあるが、『甲乙考試院』に引用されている形のままにしておく。

なお、この日本語訳はメロディーに合わせて歌えるようにはなっていません。
[PR]
by nishinayuu | 2013-08-24 21:34 | 翻訳 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/20658802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリーゴールド at 2013-08-25 23:46 x
歌を聞いてみたいですね。
Commented by nishinayuu at 2013-08-26 00:10
「懐かしい金剛山」の歌は5行目の「こちら」をクリックすると聞けるはずですが。ブロックされて聞けない場合は네이버で検索して聞いて下さい。
Commented by ヌルボ at 2013-09-24 21:35 x
いつもながら、自在に訳されていて舌を巻くばかりです。
あえてちょっと引っかかる点は、最後の「金剛山は 呼んでいる」は少し口語的かなとも思いました。
この歌曲のことは知りませんでした。リンク先の記事がなぜか開かない?状態ですが、元はたぶんYouTubeにあるコレだと思います。 →
http://www.youtube.com/watch?v=V33Ex3-vD54

こちらの記事では、5月の「蕪村春秋」の韓国語訳も記憶に残っています。
蕪村は私も大好きです。彼の俳句をnishinayuuさんならどう訳されるのか、期待するところ大です。

Commented by nishinayuu at 2013-09-27 15:10
「懐かしい金剛山」の最終行、確かにここだけ童謡調ですね。リンク先、ご指摘の通りです。マリーゴールドさんからコメントが入ったときに確かめるべきでした。
俳句の翻訳は何度か挑戦してみましたが、短歌よりずっと難しいとわかりました。いつか、破れかぶれで発表するかも知れませんが、今はまだやめておきます。
<< 『Mr. Reginald P... 『サレーダイン公爵の罪業』(チ... >>