「ほっ」と。キャンペーン

『개밥 바라기 별』(황석영,문학동네)


c0077412_1181875.jpg『宵の明星』(黄晢暎、文学トンネ)
タイトルは正確に訳せば「犬が夕ご飯を待つ(頃に現れる)星」となる。1960年代、作者が南道地方を放浪していた時にいっしょに流れ歩いた30代の労働者がこのことばを教えてくれたという。明かりの灯った家々を遠くに見ながら一人で空を見上げる流れ者と、家族が食卓を囲む音を聞きながら自分のご飯を待っている犬。彼らが見上げる空には美しい金星が瞬いているのだが、それは雅な「宵の明星」ではないのだ。この労働者も明け方東の空に現れる金星はふつうに샛별(明けの明星)と呼んでいるが。
巻頭に「若い頃、いつも息子が家に帰ってくるのを待っていた母にこの本を捧げる」という献辞がある。ということは、本書は作者が自分の長かった不在を母親に理解してもらうことを一つの目的として著した半自伝的な作品ではないかと思われる。一般読者にとっても、波瀾万丈の人生を送ってきた作者の、その人生の始まりの部分である青春時代を知ることができる興味深い内容の作品である。ただし、あくまでもフィクションとして、すなわち一人の若者の成長物語として読めば、それはそれで有意義な読書が楽しめるだろう。

前半はジュニ(実質的主人公)を中心とする明日を模索する高校生群像が複数の語り手によって描かれる。ジュニより一年上のイノ(後にジュニといっしょに高校を退学。空軍へ)、同じくサンジン(劇団で活動)、同期のヨンギル(演劇に夢中)、ジョンス(絵描き。後に結核で死亡)、ドンジェ(迷いのない学生)、ジュンギル(警察隊の銃に撃たれて死亡)。やがてジュニの彷徨が始まり、イノと何日も山にこもったり、汽車に無賃乗車して(この無賃乗車のやりかたが詳細に説明されていて参考になる)韓半島の南まで行ったりする(このへんの描写はロードムーヴィーか観光案内のよう)。やがてジュニの書いたものが雑誌に載る。ソニという女性に好意を示されたときはまだ女性とつき合う気持ちにはなれなかったが、やがてミアとつきあうようになる。いっしょにいてもどこか上の空のジュニをミアはそっと見守る。日韓会談の折の戒厳令下でジュニは一時警察に拘留され、そこで出稼ぎ労働者のチャン氏と知りあう。そしてしばらくの間チャン氏と漁船に乗ったり飯場を流れ歩いたりする。そのあともジュニの彷徨は続き、ついにベトナムへ旅立つところで本書は終わっている。(2013.1.14読了)
[PR]
by nishinayuu | 2013-03-31 11:08 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/19763711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『思い出はそれだけで愛おしい』... 「燕たちのひそひそ話」テオフィ... >>