「ほっ」と。キャンペーン

『The Selfish Giant』(Oscar Wilde著、Bodley Head)


c0077412_20472476.jpg1888年に発表された短編集『The Happy Prince』に収録された5編のうちの一つである。長くて重い作品を続けて読んだので、ちょっと気に入っているこの作品を息抜きに読んでみた。
「毎日午後になると、学校から帰ってきた子どもたちは大男の庭に行って遊ぶのだった。それは広くて美しい庭で、やわらかな緑の草に覆われていた。草の上にはそこここに、きれいな花が星のように咲いていて、12本の桃の木は、春になるとピンクや真珠色の可憐な花を咲かせ、秋にはおいしい実を付けた。それらの木には小鳥たちがやってきて、ほんとうにきれいな声で鳴いたので、子どもたちは遊びを中断してその歌声に耳を傾けるのだった。」
と始まる物語は、このあと急転する。友人であるコーンウォールの人食い鬼(!)のところに行っていた大男が、7年ぶりに帰宅して、庭に入り込んで勝手気ままに遊んでいた子どもたちを追い出してしまうのだ。庭に高い塀を巡らせ、勝手に入ったら告訴するぞ、という立て札まで立てて。すると大男の庭は一年中冬に閉ざされてしまうのだが、やがてある日、大男の庭にまた春が訪れる。子どもたちがいつのまにか塀を破って庭に侵入していたのだ。はたと気がついた大男は、子どもたちが庭で遊ぶのを黙って眺め、ひとりの小さな子が木に登れずに泣いているのを見れば木の枝に坐らせてやり、とすっかり優しいいい人に変身するのである。ちょっとお説教臭いところはあるが、なによりも四季の変化に富んだ色彩鮮やかな庭の様子が印象的で、この作品を素材にした絵本や動画作品がたくさんあるのも頷ける。ただし、最後にまた小さな男の子が登場する場面は、宗教臭が強すぎて感興がそがれる。キリスト教圏では違和感なく受け入れられるのかも知れないが。
ところで、自分の庭に侵入してくる者を閉め出すのはselfishなことだろうか。他人の庭に勝手に入り込む者のほうがよりselfishでは?この大男はselfishというよりill-naturedもしくはunkind, narrow-mindedと形容するほうがふさわしい。しかし、これらのことばを使うと大男がほんとうに根性の悪い人間になってしまう。それで、作者はユーモアを交えて、あえてselfishとしたのかもしれない。さて、Selfishの日本語訳としては「利己主義の、自分本位の、身勝手な、わがままな」などがあるが、翻訳書のタイトルはほとんどが「わがままな大男」となっている。まあ、前の三つはちょっと堅いので、「わがままな」がいちばんまし、ということかもしれないが、selfishということばの持つ迫力が感じられないのが惜しい。「わがままな」よりは「自分勝手な」のほうがいいのでは、などと思いながらあれこれの訳を調べていたら、大男のことばを「おねえことば」にしている「超訳」があって、そのタイトルが「自己中の大男」となっていた。格調の点では問題があるかもしれないが、ニュアンスとしてはこれがぴったりかもしれない。(2012.3.20読了)
[PR]
by nishinayuu | 2012-05-07 20:47 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/17931265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『雪男たちの国』(ノーマン・ロ... 『オリクスとクレイク』(マーガ... >>