金克己の古詩

c0077412_1817470.jpg☆韓国の詩人・金克己の古詩を日本語にしてみました。原文は漢文で、兪弘濬氏が韓国語に訳したものをさらに日本語に訳しました。
☆画像は順天・仙巌寺です。


寂寂洞中寺     寂寂たる山間の寺
蕭蕭林下僧     蕭蕭たる林下の僧なり
情塵渾擺落     心中の塵ことごとく打ち払われ
智水正澄疑*    智恵の水は澄みわたる
殷禮八千聖     8千の聖に礼拝し
淡交三要朋     淡々と交わるは三要の朋友
我來消熱悩     我来たりて熱き煩悩を冷ませば
如対玉壺氷     まさに玉壺中の氷に対するが如し
*『尋春巡礼』では凝となっている。


적적한 산골 속 절이요
쓸쓸한 숲 아래의 중일세
마음속 티끌은 온통 씻어 떨어뜨렸고
지혜의 물은 맑고 용하기도 하네
8천 성인에게 예배하고
담담한 사귐은 삼요의 벗일세
내 와서 뜨거운 번뇌 식히니
마치 옥병 속 얼음 대한 듯하네
[PR]
by nishinayuu | 2012-04-15 18:18 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/17827122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『麒麟の翼』(東野圭吾著、講談社) 『メイの天使』(メルヴィン・バ... >>