『A Year Down Yonder』(Richard Peck著、Puffin)

c0077412_9265354.jpg『A Long Way From Chicago』から8年経った1937年の9月から約1年間の物語。15歳になったメアリ・アリスが、シカゴからたった一人で列車に乗って、田舎のおばあちゃんのところにやってくる。大恐慌のあとの長引く不景気のせいで父が失業したため、一家は家も失った。新しく移った家は二人しか住めない小さな家だったので、17歳の兄のジョーイは資源保護団体で植林の仕事をするために西部へ行き、15歳のメアリ・アリスはおばあちゃんのもとに預けられたのだ。
メアリ・アリスが久しぶりに会ったおばあちゃんは、相変わらず大きくて、無愛想で、突拍子もない人だった。よそ者のメアリ・アリスをカツアゲしようとした同級生のバーディックを懲らしめるために、彼女が通学に使っていた馬の手綱を解いて逃がし、物理的に当分学校に来られないようにしたり、ペカン・パイを作るために、夜陰に乗じて他所の家のペカンの木にその家のトラクターをぶつけて、どっさり実を落として拾い集めたりする。けれども一方で、11月11日の休戦記念日の野外パーティーが寂れたアバーナスィー農場で催されたときは、余裕のありそうな人たちに強制的にお金を出させて、貧しい農場の女主人がかなりのお金を手にできるようにしてやったりもするのだ。また、ずっとあとの話だが、町が大竜巻に巻き込まれたあとで、おばあちゃんはまずペカンの木の家にかけつけて、その家のひとり暮らしの老人を瓦礫の下から救い出すと、その足で仇敵の女性の安否を確認しに行く。
さて、そんなおばあちゃんは12月になると寒い夜の森に出かけては罠をしかけて狐を捕らえ、毛皮を売ってお金を貯める。そして、メアリ・アリスがクリスマスにみんなの憧れのマリア様の役をすることになっても、別に関心がなさそうに見えたおばあちゃんだったが、公演の日に背の高い青年といっしょに会場にやってくる。それはおばあちゃんが、メアリ・アリスといっしょにクリスマス休暇を過ごさせるために招いたジョーイだった。
気取った名士夫人が、実は町の鼻つまみ一族・バーディックの血を引いていたことが明らかになったことにも、郵便局員の女性が町中の笑いものになったことにも、メアリ・アリスの先生がおばあちゃんの家の下宿人と結婚することになったことにも、おばあちゃんは一枚も二枚も噛んでいた。次は何をしでかすのか、目が離せないおばあちゃんなのである。(2011.10.29読了)
[PR]
by nishinayuu | 2012-01-09 09:27 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/17295965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『イースターエッグに降る雪』(... 『バラの構図』(K.M.ペイト... >>