韓国語覚え書き――「歴史ドラマによく出てくる表現」その1

c0077412_1426282.jpg韓国の歴史ドラマに出てくる決まり文句を集めてみました。発音は以下のサイトにある「韓国語のローマ字表記法」(韓国文化観光部告示2000-8号)を参考にして表示し、音の切れ目がわかりにくいところにはハイフンを入れました。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/6540/man/romajja.html


부디 통촉하여주시 옵소서. なにとぞ御諒察下さいますよう!
pudi tonchok-hayeo-jusi op-so-seo
(王様の理不尽な命令に抵抗するとき、あるいは逆に、王様に無理難題を押しつけるときに、臣下たちが声をそろえて言うことば。)

소신을 죽여주시옵소서. 面目次第もございません。
sosi-neul jugyeo-jusi-op-so-seo
(直訳すると、私めを殺してくださいませ。ことばどおりに取られたらどうする?)

망극하옵니다. 畏れ多いことでございます。
mang-geuk-ha-om-nida
(망극は罔極で、王様や父母の恩がきわまりないこと。王様などから栄誉を授けられたり、感謝や慰労、赦しのことばをかけられたりしたときに言う。)

아뢰옵기 송구하어나,  畏れながら申し上げますが……
aroe-op-kki song-gu-ha-eo-na
(直訳すると、申し上げるのは畏れ多いことでございますが……)

긴히 드릴 말씀이 있습니다. 折り入ってお話ししたいことがございます。
kini teu-ril mal-sseumi isseum-nida

여쭈어 볼 게 있습니다. 申し上げたいことがございます。
yeo-jju-eo bol ke isseum-nida

안으로 드시지요. 中へどうぞ。
aneu-ro teu-si-ji-yo
(客人を部屋に招き入れるときに言う。)

밖에 있는가? だれかおらぬか。
pakke in-neun-ga
(直訳すれば、外にいるか。部屋の外に控えている従者や部下を呼ぶときに言う。)

기별도 없이 어인 일이시요? いきなりいらっしゃるとは、どんな御用ですか?
kibyeol-do op-si eo-in iri-si-yo
(直訳すると、なんの知らせもなしに、どんな御用ですか?)

注:1――eoは発音記号で表記すると[ɔ]で、二重母音ではない。口を大きく開けてオというときの音。
注2:――euは発音記号で表記すると[ɯ]に近い音で、二重母音ではない。口の両端を横に引っ張ってウというときの音。
注3:――kk、ss、jjなどは、息の漏れない硬くて強い音で、「まっか」の「か」、「いっさい」の「さ」、「いっちする」の「ち」などの音。
注4:――jは発音記号で表記すると[dჳ]で、たとえばjiは軟らかいジではなく硬いヂの音。
[PR]
by nishinayuu | 2011-07-16 14:27 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/16605650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『マイホーム』(カリ・ホタカイ... 『糸杉の影は長い』(ミゲル・デ... >>