「ほっ」と。キャンペーン

『ここがホームシック・レストラン』(アン・タイラー著、中野恵津子訳、文藝春秋社)


c0077412_1037956.jpg1944年のある日、パールの夫・ベックが家を出て行った。ベックの転勤のたびにあちこちに住んできた一家は、その時はボルティモアのテラスハウスに住んでいた。パールは子どもたち(14歳のコーディ、11歳のエズラ、9歳のジェニー)に、父親の帰りが遅れる、と話す。こうして夫に捨てられたパールと、父親のいない子どもたちのその後の人生が、それぞれの視点で綴られて物語が展開していく。
パールの目から見ると「コーディは弟に意地悪ばかりするし、エズラは自分の才能を生かしていないし、ジェニーは軽率で、しかも三人とも母親をしめ出している」。レジの仕事をしながら女手一つで奮闘するパールは、しょっちゅう癇癪を起こし、ときには暴力的になることもあって、子どもたちから見れば理不尽な母親であった。それでも母親の関心を引こうとあれこれ試みたコーディはいつも裏切られ、結局エズラの婚約者を奪って結婚するに及んで、自ら母親や弟妹との距離を大きくしてしまう。コーディとエズラの確執に巻き込まれることもなく、母親との距離もいちばんうまくとってきた末っ子のジェニーは、小児科医として、また母親として充実した日々を手にすることになる。善良でおっとりしたエズラは、子どものときもそうだったように、大人になっても常に母親の傍らにいて母親を癒し続ける存在である。そしてエズラは、婚約者を奪われても兄を恨むことなく、ことあるごとに家族みんなで食卓を囲む機会を持とうと心を砕く。大学に進学して偉い人になって……、というパールの期待を裏切ってエズラが人生をかけた場所――それが、彼が経営者兼料理人として働く「ホームシック・レストラン」なのだ。(2011.1.19読了)

☆ジェニーのいちばん好きな映画として『蜜の味』、ジェニーの2番目の夫がよく歌っていた歌として『グリーンフィールズ』が出てきて、物語のリアリティーがグンと増した感じがします。
[PR]
by nishinayuu | 2011-04-29 10:37 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/16256503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『骨狩りのとき』(エドウィージ... 宇遲(うぢ)のわき郎子(いらつ... >>