「ほっ」と。キャンペーン

『坊ちゃん』(夏目漱石著、筑摩書房)


c0077412_10171020.jpg「親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりして居る」という冒頭文からしてあまりにも有名な作品。内容もほぼ覚えているつもりだったが、今回読み返してみたらずいぶん印象が違っていた。清と坊っちゃんについては記憶に大きな間違いはなかったが、他の人物についてはいろいろと記憶違いがあった。たとえばマドンナ。その名前からみんなの憧れの女性だったような気がしていたのだが、実はお金に目がくらんだ節操のない女、と坊っちゃんは評しているのだ。マドンナだけでなく、校長や赤シャツ、生徒たちなど、坊っちゃんは松山で出会ったほとんどの人に嫌悪感を抱いている。その中でただ一人、松山の人間でありながら坊っちゃんに嫌われていないのが、影が薄くて(以前は多分きちんと読めていなかったために)印象に残っていなかった「うらなり」の古賀。坊っちゃんは(漱石は、と言ってもいいかもしれないが)松山の人間だけでなく、松山の町そのものも肌に合わなかったらしく、温泉以外はことごとく貶しているのだ。
さて、今回『坊っちゃん』を読み直したのは、道後温泉に2泊3日の旅をすることになったからだが、行ってみて驚いた。松山の町には「坊っちゃん列車」が走り、道後温泉駅の前には「坊っちゃんからくり時計」があり、道後温泉本館には「夏目漱石の部屋」まであった。松山は町をあげて漱石と坊っちゃんをとっても大切に扱っているのだ。あんなにばかにされているのに、である。ばかにされようと貶されようと、漱石と坊っちゃんを大切にしている松山の人びとのおおらかさ――青二才の坊っちゃんはこのおおらかさに太刀打ちできずに逃げ出すことになったのかもしれない。(2010.11.10読了)
☆画像は「坊っちゃん列車」です。
[PR]
by nishinayuu | 2011-02-28 10:17 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/15985889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「スリとケチャップ」 特派員報... 『みずうみ』(よしもとばなな著... >>