『1Q84-Book1』(村上春樹著、新潮社)

c0077412_15365991.jpg新聞広告でタイトルを見たとき、なんと読むのかわからなかった。というより、タイトルを音声化してみようとは思わなかった、というほうが正確かもしれない。日本語を読むときは多くの場合、声に出す必要が生じるまでは、音を意識しないのがふつうだからだ。それで、実際に本を手にしてはじめて、「いち・きゅう・はち・よん」と読むのだと知った。よく見るとタイトルの大文字の下に、小さな文字でichi-kew-hachi-yonとある。誤読されないように読み方を指示しているわけだが、kyuではなくkewとしてあるところに作者のこだわりを感じる。
「いち・きゅう・はち・よん」とくれば当然『1984』すなわちジョージ・オーウェルの『Nineteen Eighty-Four』が思い浮かぶ。1949年に発表されたこの作品でオーウェルが描いたのは、忌まわしい未来としての1984年の世界だったが、『1Q84』が描くのは今では過去となった1984年の世界、ただし現実の1984年とは微妙に異なる時空が存在する世界である。
物語は、スポーツ・インストラクターで裏稼業は殺し屋という女性・青豆に関する話と、予備校で数学を教えるかたわら小説を書いている男性・天悟に関する話が交互に綴られる形で進行する。いつもとは違う世界に入り込んだことに青豆が気づいたのは、首都高で渋滞に遭い、タクシー運転手の勧めで非常用階段を下りる、という突飛な行動をとったあとだった。しかし青豆の異世界との接触はそれより前に始まっていたのかもしれない。タクシー内に流れる曲がヤナーチェックのシンフォニエッタだとなぜかすぐにわかってしまったときから。あるいはそもそも、ヤナーチェックのシンフォニエッタを車内に流し、非常階段を使って高速道路を脱出しろと青豆に教えるような運転手のタクシーに乗り合わせたときから。
冒頭のインパクトのあるエピソードで一気に物語の世界に引き込まれ、仕掛けや謎があちこちに埋め込まれた中だるみのない展開で最後まで読まされてしまう。『ノルウエーの森』は納得できなかったが、この作品は今のところ気に入っている。(2010.8.3読了)

☆「猫も杓子も」読んでいるようなので、猫としては読まずばなるまいと思い立ち、友人に借りて読みました。(自分が猫だという自覚はないのですが、手助けするときの手が「猫の手」なのは確かなので、多分猫なのです。「杓子」でなくてよかった!?)
[PR]
by nishinayuu | 2010-11-28 15:37 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/15527236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『1Q84-Book2』(村上... 『ママ、嘘を見抜く』(ジェイム... >>