「ほっ」と。キャンペーン

『シズコさん』(佐野洋子著、新潮社)

c0077412_953030.jpg読書会「かんあおい」2010年9月の課題図書。
互いの強い個性のせいで長い間そりが合わなかった母と娘の、葛藤と和解の日々の物語。新潮社の「波」2006年1月号~2007年12月号に連載されたものをそのまま一つにしたためか、記述に重複があるのが難だが、赤裸々で辛辣な語り口ながら、ブラックなユーモア感覚とさっぱりとしたおおらかさがあって、重苦しさや凄まじさが突出することなく、読後感は意外に爽やかである。
語り手の私は洋子さんで、その母親がシズコさんである。若い頃はモガで、当時流行の丸顔の美人だったシズコさんは、貧しい時代も老人ホームに入ってからもお化粧を欠かさなかった。おしゃれで派手好きで、見栄っ張りでもあった。夫について大陸に渡り、一家で「ワルモン」の生活をしたあと、終戦の年に31歳で5人の子どもをつれて引き上げてきた。シズコさんは主婦としては有能だったが、議論好きの夫とは口論が絶えず、子どもたちをこづき回した。特に私とは相性が悪かったらしく、四歳位の私がつなごうとした手をシズコさんが舌打ちとともに振り払ったときから、私とシズコさんのきつい関係が始まる。さらにシズコさんがかわいがっていた兄が病死すると、シズコさんは私を「虐待」し始める。しかし私もしぶとい子どもで、決して泣くことはせずに虐待に耐え、執拗に反抗し、19歳で父が亡くなったあとは完全に家を出てしまうのである。
その後シズコさんにも私にもいろいろな事があって、弟の嫁に追い出されたシズコさんが私の家に転がり込み、そこから老人ホームへと移っていく。私が50年以上苦しんできた、母親を愛せないという自責の念から解放されるのが、母親がすっかり呆けたあとだった、というのがなんとも切ない。(2010.7.3読了)
[PR]
by nishinayuu | 2010-10-29 09:53 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/15368032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 息長帯(オキナガタラシ)ひめ ... 『ピアノ・サンド』(平田俊子著... >>