『紙魚家崩壊』(北村薫著、講談社)

c0077412_1710347.jpg1990~2004にかけて雑誌などに掲載された作品9点を集めた短編集である。いろいろな種類の話が寄せ集められており、ちらし寿司を味わう感じ、というところ。この作者独特の蘊蓄がほとんど見られないので、残念ながら会席料理とは言えない。
一番気に入ったのは『おにぎり、ぎりぎり』。このタイトルはすぐ前の作品「サイコロ、コロコロ」に合わせて軽い乗りで付けたものか。それはともかくとして内容はといえば――園芸関係の出版社に勤める千春さんが植物学者の稲村先生のフィールドワークについて行ったときのこと。稲村先生の知り合いの大滝先生の家に泊まった翌朝、千春さんと水町先輩に大滝先生の奥さんを加えた女性陣三人がおにぎりを握る。千春さんは近くのコンビニに牛乳を買いに行く。さて、朝食の準備が整ったところで、のんきにおしゃべりをしていた男性陣もテーブルに着く。おにぎりをじっと見ていた稲村先生が「さっきドアを開けて外に出て行ったのは千春さんでしょう」、と言い出す。論理的に考えればわかる、と得々と説明を始める。大きな丸いおにぎりは体の大きい水町さんが握ったもので、かわいい俵型のは大滝先生の奥さんの作品。すると残りの三角おにぎりが千春さんの作品で、それが一つだけだから外に出たのが千春さんだ、というのだ。ところが女性たちの説明によって、この推理がことごとく見当外れであることが判明する。ここで稲村先生が悔し紛れに一言。「女というのは突然非論理的なことをするから、通常の論理では捕まえられないよ。」
歴史上の名探偵たちの鮮やかな推理というものの危うさを風刺した傑作!である。この他の作品はタイトルだけあげておく。『溶けていく』『紙魚家崩壊』『死と密室』『白い朝』『サイコロ、コロコロ』『蝶』『俺の席』『新釈おとぎ話』。(2010.6.14読了)
[PR]
by nishinayuu | 2010-09-28 17:10 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/15199818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「海辺にて」  テオフィル・... 『リリアン』(エイミー・ブルー... >>