「ほっ」と。キャンペーン

『新参者』(東野圭吾著、講談社)

c0077412_1911155.jpg以前読書会で『赤い指』を読んだとき、作品全体としては好きになれなかったが、そこに登場する加賀恭一郎という刑事には好感を抱いた。この、切れ者でしかも人情のある好青年、というできすぎの刑事が活躍する最新作である。ただし、巻末に初出一覧があって、それによるとこの作品は『小説現代』に2004年8月から2009年7月にかけて9回にわけて発表されたものをまとめたもの、ということなので始めの数章は『赤い指』(2006年刊行)より前に書かれていることがわかる。
日本橋の小伝馬町で独り暮らしの45歳の女性が、自宅のマンションで首を絞められて死んでいるのが見つかる。事件の捜査に当たる警視庁と日本橋署のうち、日本橋署の新参の刑事として登場するのが加賀恭一郎である。その加賀恭一郎が捜査にとりかかってから事件を解決するまでの九つの場面が、「煎餅屋の娘」「料亭の小僧」「瀬戸物屋の嫁」「時計屋の犬」といった章題のもとに綴られていく。始めはばらばらに見えるこれらの場面(章)が、「洋菓子屋の店員」「翻訳家の友」あたりから相互に繋がってきて、「清掃屋の社長」「民芸品屋の客」を経て「日本橋の刑事」で大団円となる。
殺人事件の捜査状況を描きながら同時に日本橋という町の風情と加賀恭一郎の人物像までも描ききった上出来の作品である。おそらく著者にとっても「会心の作」なのではないだろうか。(2010.3.7記)
[PR]
by nishinayuu | 2010-05-29 19:11 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/14480233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『ピアニストは二度死ぬ』(クリ... 韓国の詩「石垣にささやく日ざし... >>