『博物館の裏庭で』(ケイト・アトキンソン著、小野寺健訳、新潮クレストブックス)

c0077412_9285648.jpg1951年にイングランドのヨークで生まれた作者が1995年に発表し、同年のウィットブレッド文学賞を受賞した作品。
1951年生まれのルビーを語り手に、母親のバンティ、祖母のネル、曾祖母のアリスという4代の女性たちと彼女たちを取り巻く人々のさまざまな人生が綴られた壮大な絵巻物である。舞台が北国のイングランドであり一族が労働者階級の人々であることもあって、この絵巻物は決して絢爛豪華なものではないが、描かれている場面は多彩で変幻自在であり、それらの場面が相互に緊密に絡み合って、圧倒的な迫力を持って迫ってくる。
二つの世界大戦で命を落としてゆく男たち。理想とはほど遠い男と結婚し、子供ができ、日々の生活に追われる女たち。男も女も、自己実現どころではない時代を生きたのだった。また、美しく生まれついた者は若くして天に召される、というジンクスのせいで、ネルの姉のエイダ、兄のアルバート、甥のエドマンド、ルビーの姉のジリアンらが夭折する。彼らはみな美しい金髪の持ち主だった。そんな中でルビー以前の3世代の主役たちは、ある日突然消えてしまったアリスを含めてみんな長生きしているのが興味深い。ただし、この本の巻頭に一族の系図が出ていて、アリスのところを見れば、一旦表舞台から消えた彼女に別の人生があったことを読者は容易に推察できる。
ところで上記の系図は原書にもあったのだろうか、それともこの翻訳書が独自に付けたものなのだろうか。どちらにしてもこの系図は、次に挙げる二つの理由で、この作品にはなくてはならないものに思われる。理由の一つは、登場人物の多さとその関係の複雑さは系図がなかったら理解が難しいだろうからだ。もう一つの理由は、本文ではまだ語られていないことを系図から想像して読む、という楽しみを提供してくれるからだ。アリスのこと、ドリーンのこと、そしてパールのことも、本文でいきさつが明らかになったときは、推理小説の犯人がわかったときのような爽快感が味わえる。(2009.12.27記)

☆「重箱の隅」ですが、p.98に校正ミスがありました。ルーシー・ヴィダはまたグラディスおばさん手作りの……というくだりのおばさんの名前はエライザですよね。
[PR]
by nishinayuu | 2010-02-28 09:29 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/13836594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『長い日曜日』(セバスチアン・... 『きみの遠い故郷へ』(ウィル・... >>