『偶然の音楽』(ポール・オースター著、柴田元幸訳、新潮社)

c0077412_10393621.jpg初めてのポール・オースターで、タイトルに惹かれて手にとった。
妻に出て行かれたナッシュは2歳の娘を姉に預けた。消防士の仕事で時間的な余裕もないし、金銭的にも苦しかったのでそうするしかなかったのだ。そんなある日、彼はいきなり大金を手にする。幼いときに自分たちを捨てたまま30年以上も音沙汰のなかった父親の遺産だった。この大金がもう少し前に手に入っていたら別の暮らしができたのにもう手遅れだ、という思いから、ナッシュはただ大金を使ってしまうために、高級車を買い、仕事を辞めて旅に出る。まる一年のあいだナッシュはひたすら車を走らせ、アメリカ中を行ったり来たりしながら、金がなくなるのを待ったが、そうしているあいだにいつの間にか車の旅の心地よさにはまり、抜けられなくなっていた。そして13ヶ月目、ナッシュはジャックポットという若者と出会った。このときナッシュはこの若者との出会いを、自分をなんとかするための最後のチャンスととらえた。
こうして新しい人生に飛び込んだナッシュを待ち受けていたのは、人里離れた広大な土地に、長大な石の壁を築く、というとてつもない日々だった。誠実に、目標を持って前に進もうとするナッシュと、自分たちの陥った境遇の理不尽さに怒りを抑えられないジャックポット。そんな二人がそれでもなんとか力を合わせて少しずつ石を積んでいく作業を、マークスという男が監督し、見張る。マークスの背後には二人を捕らえて自由を奪った謎多き二人組のフラワーとストーンが控えている。
語られている人物や場面は鮮明でくっきりしており、リアリティーがある。それなのに物語全体は現実離れしている、というか目には見えない強靱な膜を通して異次元の世界を見ているような感じでもどかしい。ある種のフランス映画のように、結末も曖昧模糊としている。というわけで、すっきりとした読後感はないけれども、なにか不思議な魅力のある作品である。この作品は映画化されていて、映画では小説では語られていない続きの部分が描かれているという。おそらく「結末すっきり」のアメリカ映画らしい映画になっているのだろう。(2009.11.24記)
[PR]
by nishinayuu | 2010-01-29 10:39 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/13602527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『Vanity Fair』(W... 映画鑑賞ノート8 >>