『鶴』(黄順元著)

c0077412_9235434.jpg『학』(황순원著)
日本語タイトルは『鶴』で、副題は「38度線に近いこの北の村」。韓国の作家・黄順元(ファンスヌオン)が1953年に発表した短編である。
時は韓国戦争(朝鮮戦争)のまっただ中。北と南の勢力圏が北緯38度線付近でせめぎ合っていて、現在は北の勢力圏に入っている天台、青丹などが、この小説では南側の勢力圏に入っている。
ソンサムが子ども時代を過ごした38度線に近い村には、南側の臨時治安隊事務所が置かれている。治安隊員のソンサムはこの事務所で、縄をかけられて護送されるのを待っている青年を見て驚く。幼なじみのトクチェだった。農民同盟の副委員長だったトクチェは、北に逃げずに家に潜んでいて捕まったのだ。ソンサムはトクチェを青丹まで護送する役を買って出る。
二人で歩き始めた時には憎い敵にしか見えなかったトクチェ。しかしソンサムの胸に、トクチェと過ごした子ども時代のあれこれが蘇ってくる。そして、その後の暮らしについて尋ねたりするうち、トクチェが政治思想とは無縁の純朴な農民でしかないことがわかってくる。やがて二人は38度線の緩衝地帯近くまでやって来て、そこに以前と変わらずに棲み着いている鶴の群を発見する。二人は昔ここで鶴を捕らえたことがあった。ソンサムが出し抜けに、「おれがこれで罠を作っておくから、おまえは鶴を追ってこい」と言うと、トクチェの縄を解いて、草原に入っていく。(2009.7.18記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-08-31 09:18 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/12229578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『カラマーゾフの兄弟』(ドスト... 倭建命 その11   白鳥の陵 >>