「ほっ」と。キャンペーン

『心映えの記』(太田治子著、中央公論社)

c0077412_1062113.jpg春の陽気に誘われて物置の中の本を整理していたら、23年も前の1986年3月に読んだこの本が出てきたので再読。
読んでいてあまり気持ちのよい本ではなかったという記憶があったが、今回は語り手の自意識過剰なところも、母親に向ける目の辛辣なところも、内にこめられた謙虚さと優しさと愛情の一つの表現であるように感じられ、共感を覚えながら読んだ。太宰の影を引きずらずに生きてきた母親の、凛とした人となりが鮮やかに浮かび上がる。
巻末に掲げられた写真でも明らかなように、著者はどう見ても父親そっくり。ここまで似ていては父親の影を引きずらずに生きるのはさぞ難しいだろうと同情せずにはいられない。著者に「美人意識」があるのは御同慶の至りである。(2009.4.13記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-06-27 10:06 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/11832079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『星に願いを―さつき断景―』(... 『海を渡るジュリア』(R.E.... >>