「ほっ」と。キャンペーン

『9990個のチーズ』(ヴィレム・エルスホット著、金原瑞人・谷垣暁美訳、ウェッヂ)

c0077412_116597.jpgベルギー人の著者が1933年に発表した作品Kaasを、2002年にイギリスで発行された英語版Cheeseをもとに訳したもの。
主人公は造船所の事務員でもうすぐ50歳になるラールマンス。月給はすでに上限に達していて、いつ月給が下がり始めるかびくびくしている。造船所の賃金システムでは、給料はゼロから出発して百になり、またゼロに戻るのだ。そんな彼に、裕福で社会的地位もあるスホーンベーケ氏から、事業をやらないか、という話がもちかけられる。にわかに起業熱にとりつかれたラールマンスは、造船所には病気休暇を申請して、オランダのチーズ輸出会社の「ベルギー・ルクセンブルク大公国総代理店」経営に乗り出す決心をする。その日から家族も巻き込んだ彼の忙しい日々が始まる。事務所はどこにするか。そこに置く机はどうするか。レターヘッド付きの便箋もいるし、それには社名も考えなくてはならない。何もかも初めてのことなので、時間はどんどん過ぎていく。そしてまだ態勢が整わないうちに、オランダの「全乳から作ったフルファットのエダムチーズ」がどかんと届く。27個入りが370ケースなので全部で9990個。一個あたり約2キロで、総重量は20トン。さて彼はこれをうまく売りさばくことができるだろうか。

柄にもなく上昇志向にとりつかれてあたふたするラールマンス、無責任な「善意」から彼に起業を勧めるスホーンベーケなど、どこにでもいそうな人びとが描かれており、1933年の作品という古さを感じさせない。(2008.12.10記)
[PR]
by nishinayuu | 2009-02-28 11:06 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/10989474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『丹生都比売』(梨木香歩著、原生林) 『秋の花』(北村薫著、東京創元社) >>