韓国の詩「木の葉のお舟」 パクホングン

☆韓国の童謡「나무잎배」を日本語に訳してみました。原詩は7・5調になっていますが、訳詞の方は8・7調になっています。

나무잎배 박홍근
낮에 놀다 두고 온 나뭇잎배는
엄마 곁에 누워도 생각이 나요
푸른 달과 흰 구름 동실 떠가는
연못에서 사알살 떠다니겠지

연못에다 띄워 논 나뭇잎배는
엄마 곁에 누워도 생각이 나요
살랑살랑 바람에 소곤거리는
갈잎 새를 혼자서 떠다니겠지

木の葉のお舟     パクホングン
いちにち遊んだ 木の葉のお舟
寝ているときにも 目に見えるよう
お月さまと雲 ふんわり浮かぶ
お池をすいすい めぐっているよ

お池で遊んだ 木の葉のお舟
寝ているときにも 目に見えるよう
そよ風のなかで ささやいている
落ち葉のあいだで ゆられているよ
[PR]
by nishinayuu | 2008-12-16 11:10 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/10349752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『盤上の敵』(北村薫著、講談社) 『海の上のピアニスト』(アレッ... >>