「ほっ」と。キャンペーン

『コレラの時代の愛』(ガルシア・マルケス著、木村榮一訳、新潮社)

c0077412_9422541.jpg『百年の孤独』『落ち葉』『予告された殺人の記録』に続いて私にとって4冊目のガルシア・マルケス。
愛する女性が自分を受け入れてくれるまで、51年9ヶ月と4日待ち続けた男、フロレンティーノ・アリーサ。初めはちょっと惹かれたけれどすぐに嫌になって男を拒絶し続けた女、フェルミーナ・ダーサ。このふたりの長い断絶の日々を、それぞれの暮らしと周りの人びととの関わり、彼らの生きる社会のさまざまな出来事を織り交ぜて綴った長大な物語。

舞台は日陰でも40度を超すことがあるという灼熱のコロンビアの地方都市。時代は1860年から1930年代で、コレラが猖獗をきわめたまさに「コレラの時代」であり、内戦の銃火が絶えることのなかった時代でもあった。が、コレラや戦争の悲惨さは前面には現れず、そんな状況の中でもたくましく生きている人びとの強靱さが浮き彫りにされている。
印象的なのは細かいエピソードがふんだんに盛り込まれていて、しかもその描写にリアリティーがあること。たとえばダーサの夫であるウルビーノ博士が歳のせいで排尿がうまくいかなくなったとき、トイレを汚さないように座って用を足したとか、床に落ちたものは拾わない、灯りは消さない、ドアは閉めないという点では完璧な夫だったとか、ラブレターを書きすぎたアリーサがビジネスレターを書いても韻を踏んでしまうとか、次から次へと愉快なエピソードが並んでいてあきさせない。そして物語の最後に、驚くべきというか納得のというか、とにかくなかなか洒落た結末が待っている。(2008.9.3記)
[PR]
by nishinayuu | 2008-11-29 09:42 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nishina.exblog.jp/tb/10224161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 韓国の詩「兄さん」 チェスネ 『海に帰る日』(ジョン・バンヴ... >>